千葉の太陽光発電の業者を厳選して紹介。

HOME » 知っておきたい太陽光発電の仕組み » HEMSで電力消費を見える化して太陽光発電の売電量を増やそう

HEMSで電力消費を見える化して太陽光発電の売電量を増やそう

「HEMS(ヘムス)」ってどんなもの?

最近話題になっている「HEMS」とは、「Home Energy Management System(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」の略で、エネルギーシステムの管理を行うことができるシステムです。

HEMSでできること

電気の「見える化」

HEMSを使用することで、電気をどのくらい消費しているかをモニタリングすることができるのが、一般家庭でもっとも大きなメリットです。


エネルギーの節約はかなり前から叫ばれていますが、節約しているつもりでも、意外と電気代に変化がなかったりして、どこに無駄があるのか把握しにくいというご家庭も多いと思います。


そこでHEMSを使用することで、電気を使用する部分の各所でどのくらい使用しているのかがわかるため、節約しやすくなりますね。

太陽光発電機器の自動制御

こちらも大きなメリットのひとつといえる、「エネルギーの自動制御」。これは、家庭内で使用されるエネルギーが、常に無駄を出さず最適の状態となるようコントロールしてくれるもの。

天候の事情などで太陽光発電の発電力が低い場合は、家庭で使用している冷暖房の温度を調整するなどのコントロールを行ってくれるので、さらに電気の無駄を省くことができるのです。

HEMSが注目されているのはなぜ?

HEMSが注目されているのは、こうした省エネができるという理由だけでなく、電力の自由化に大きく関係するという点も挙げられます。電力会社を自由に選べるようになったことで、一般家庭ではよりお得に電力を利用できるようになりました。

今後電力会社は、携帯電話のようにさまざまな料金プランを提案してくると思われ、HEMSを活用すれば、各プランをもっともお得に利用できるよう電力をコントロールすることが可能です。

また、電気の使用をコントロールできることで、家庭の電気代がお安くなるのはもちろんですが、結果的にエネルギーの節約、省エネにつながることになり、環境保全にも大きな効果をもたらすと推測されています。

固定価格買取制度期間中はさらにお得

期間中は、家庭で使用する電気量をできるだけ抑え、より多く電気を売る方がいつもよりお得です。HEMSを使用すれば家庭の電気使用量が少なくなり、その分売電量を増やすことができます。 期間終了後は、できるだけ電力会社から購入する電気を減らしたいですよね。

HEMSでエネルギーの自動制御を行うことで、日中できるだけ太陽光発電で電気を作り、かつ電気の使用量を適正にすることで、購入する電気量を減らす効果が期待できます。

HEMSを導入するのはメーカー選びがポイント!

HEMSは太陽光発電を販売しているメーカーで販売していますが、設備費以外に月額費用がかかるところもあったり、三者三様のサービスを展開しています。より手頃にHEMSを導入するためには、いろいろなメーカーの販売システムをチェックして、より自分に合っていると思うメーカーを利用しましょう。

政府の後押しもあり、今後HEMSはどんどん普及していくと予想されますので、早めに情報収集することをおすすめします。