千葉の太陽光発電の業者を厳選して紹介。

HOME » 知っておきたい太陽光発電の仕組み » メーカーによる違い

メーカーによる違い

大手メーカーからマイナーメーカーまで…すみずみまで比較!

太陽光発電システムの良し悪しを決めるともいえる、各社メーカーの選択。国内外さまざまなメーカーがありますが、どれもメリットとデメリットがあり、オーダーメイドと言われるだけあって家に合うメーカーは異なるものとなります。

屋根の形状や日射量、そして土地による特徴から、一概に「このメーカーが1番!」とはいえないのですね。自分の家に適したメーカーを探す際には、まずは各メーカーの特徴を把握しておくに限ります。

シャープ

生産量は世界でもトップクラスで、海外でも高い評価を受けています。屋根と一体型になったモジュールや平板瓦一体型など、製品ラインナップが豊富でさまざまな屋根の形状に合わせたプランを作る事が可能。長期保証はもちろん、メーカーによるアフターケアも充実しています。

パナソニック

技術力・研究開発分野においては数々の受賞歴があり、その品質は世界も認めるもの。3種類の工法でほとんどの屋根に対応しているので、ほとんど悩むことなく設置可能です。なによりも発電効率が良いので、狭い屋根でも曇り空でもちゃんと発電し、暴風雨でもしっかりと耐えられる作りです。

ソーラーフロンティア

昭和シェル石油の子会社。発電効率はそこまで高くはないものの、コスト面では優秀。保証期間も長く、その内容も充実したものとなっています。

東芝

モジュールの美しさで有名。太陽光の反射を抑え、無駄なく吸収しエネルギーに変換するので、発電効率の高さはトップクラス。狭い屋根でも十分な発電量が見込めます。

その他のメーカー

他にも、国内メーカーでは東芝・京セラ・三菱電機・長州産業・ホンダソルテック・カネカなどの有名どころの他、家電量販店のヤマダ電機、そしてネット通販で有名な楽天が手掛ける楽天ソーラー、レンタルのDMMソーラー、大手スーパーのイオンなど…異種業からの参入も増えています。

海外メーカーではカナディアンソーラー・サンテック・サンパワー・Qセルズ・GWソーラーなどが有名です。いつも耳にする大手だけで安心するのではなく、広くメーカーを知り比較検討していきたいですね。