千葉の太陽光発電の業者を厳選して紹介。

HOME » 【徹底検証】太陽光発電のリスクとは?

【徹底検証】太陽光発電のリスクとは?

設置費用やメンテナンス費用が高い

太陽光発電システムではメリットばかりがよく取りざたされていますが、デメリットもあります。真っ先に挙げられるのは、設置費用が高額であることと、メンテナンスにかかる費用の高さです。

太陽光発電システムの設置には数百万円といったお金がかかることになりますから、きちんと支払い計画を立ててから購入しないと後で大変なことに。

補助金がでるとはいえ、それで大部分の金額をまかなえるわけではないですし、売電があるといっても、これも確かではありません。売電するにはそれなりの発電が必要で、一般家庭においては余剰電力しか売電することはできません。

つまり、節電を意識しないと売電収入は得られないのです。もっというと、発電量は天気に左右されますので、必ずしもシミュレーション通りにいくとは限らないのです。

また、太陽光発電システムはメンテナンスフリーと言われていますが、精密機械ですし、パワーコンデショナーはパネルよりも寿命が短いもの。日常的なチェックと定期的な専門チェックなどは必要となります。

業者を選ぶ際には、目先の価格だけでなく「アフターサービスに力をいれているところ」に重点をおくといいでしょう。

→千葉のアフターメンテナンスに力を入れているオススメ業者はコチラ

屋根への負担が心配

デメリットといえば雨漏りを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、これは施工業者におけるミスによることが多く、口コミなどでも「設置したら雨漏りが!」とか「関係のない柱に穴が開いていて、水漏れもするようになった」なんて怖い話も実際にあるほどなのです。たとえ施工ミスをしていなくても、屋根への負担を事前にきちんと把握できなかったために起こるといったところでしょうか。

ただ、これは設置側にも少しばかりは責任があります。業者選びの段階で技術者が在籍し、その人がきちんと現場にいて作業に当たっているかどうかを確認しなかったために起こったともいえるのです。

しっかりとした技術が身についている人が作業を担当してくれる業者であるのかどうかが業者選びの大きなポイントになります。

とはいえ、確かに太陽光パネルに設置は屋根に大きな負担をかけますので、それはデメリットになるといえます。

心配される人は多く、一般社団法人太陽光発電協会では、4kWシステムの場合ではほとんどが問題ないとするものの、屋根によっては補強が必要になったり、設置できない事もありますので、販売施工会社に事前に相談することを推奨しています。

ちなみに、太陽光パネルと屋根材…どちらが重いのかというと、後者の屋根材です。