千葉の太陽光発電の業者を厳選して紹介。

HOME » 太陽光発電システム費用のいろは » 売電価格はいくらくらいか

売電価格はいくらくらいか

太陽光発電システムでの売電価格はいくら?

太陽光発電で作った電力で、余った分は電力が会社買い取ってくれるものとなっています。これを固定価格買取制度(通称FIT)と呼んでいますが、1度適用されると10年間(事業用は20年)はその金額で買い取ってもらえることになります。2016年の買取価格は、下記のようになっています。

  1. 家庭用10kW未満…出力制御無しは31円/kWh、出力制御ありは33円/kWh
  2. 事業用10kW以上…24円+税/kWh

家庭用に関しては、地域によって出力制御が必要になるので、その購入・設置分を考慮して高くなっています。出力制御無しは東京電力・中部電力・関西電力で、出力制御ありは北海道電力・東北電力・北陸電力・中国電力・四国電力・九州電力・沖縄電力の管轄する地域となります。

ちなみに、この売電として支払われるお金はどこから出ているのか?電力会社…と思っている方もたくさんいますが、実は国民が負担しているものとなります。電力会社から届く電気明細書には、「再エネ発電賦課金等」といった項目があります。実はこれが、電力会社から支払われるお金の元となっているのです。

どんどん値下がりする買取価格

買取価格は毎年見直され、最初の頃に比べるとかなり値下がりしてきており、今後も下がっていくことが予想されています。

なぜ、買取金額が下がってきているのかというと、近年のシステム開発の目覚ましい発展にその理由があります。

この固定価格買取制度は、高額な太陽光発電システムを導入しやすく、少しでも負担を軽減する為に作られました。今と比べて技術的にも難しかっただけに、材料の調達などからどうしても高くなってしまい、一般の人には手が出させない金額でした。売電として収入を得ることで、その負担を軽減したのです。

ですが、それも技術の発達と素材の調達が簡単になってきたことから、売電価格の引き下げがおこなわれるようになり…広く認知され、つかう人が増えると安く作れるようになりますが、まさにその状態になってきているのです。そもそも、売電価格は機材などの金額と照らし合わせて決めていたので、費用が安くなってきた分、売電価格も安く下げているのです。