千葉の太陽光発電の業者を厳選して紹介。

HOME » 太陽光発電システム費用のいろは

太陽光発電システム費用のいろは

太陽光発電にかかる費用・補助金・売電、そして税金

太陽光発電システムを導入するといっても、費用面で悩むことが多々あります。導入費用はもちろん、補助金制度や設置後の売電収入、そして固定資産税や所得税などの確定申告についてもしっかりと把握しておかなければいけません。

導入にかかる費用

太陽光発電システムは、設置する場所に合わせたオーダーメイド。また、ライフスタイルについても考慮する必要があります。そうしたことからも各家庭のシステムは異なり、かかる金額も一概にいうことはできません。ただ、相場はありますので、それを元に比較検討してみるといいでしょう。

費用にはさまざまな項目が含まれるので、合計金額ではなく、あくまでもkW単価で比較するのがいいです。kW(キロワット)単価で計算してみると…高いと思っていた業者が、安くてお得な業者であることが発覚することもあるのです。

補助金制度について

太陽光発電システムの導入には、各自治体・都道府県で補助金を設定しており、これを利用することで負担を軽減する役割を持っています。国や市としても、自然エネルギーをどんどん増やしていきたいのです。

太陽光発電システムを設置するのであれば是非とも活用したい補助金は、どうすれば受け取れるのでしょうか?

売電価格はいくらくらいか

太陽光発電システムを導入するうえで気になるのが、余剰電力を売った際に発生する売電価格です。家庭用と事業用では異なり、家庭用でも出力制御があるかないかでも違います。

なお、この売電価格は毎年見直しがされており、最初の頃に比べてかなり値下がりしてきています。一体、今の売電価格はいくらぐらいなのでしょうか?また、どうして売電価格が下がってきているのでしょうか?

固定資産税・確定申告まわりの情報

太陽光発電システムは家に合わせたオーダーメイドスタイルで作られるので、さまざまなタイプが存在します。また、発電量も異なり、売電価格も家によって違います。一定ラインを超えると、所得税や固定資産税がかかるようになりますので注意が必要。ただ、一般的に主流な太陽光発電の設置容量である4~5kW程度ならそれほど多額の課税がされることはありません。導入する際には、施工販売会社にきちんと確認しておくのが安心です。